こんにちは。今回は足のクッションのお話しますね。

足裏のアーチといえば土踏まずの縦アーチですが、
この縦アーチだけではなく横アーチも必要なんです。

この縦横のアーチによって足裏のクッション性が生まれるんです。
逆に言うと、アーチがなくなるとクッション性がなくなるということですね。

アーチの例えを出すと、
ペッタンコのスニーカーと、
しっかりと弾力性のあるスニーカーでは全然クッション性が違いますよね。

この足裏アーチによるクッション性で膝や腰の負担にも大きく関わります。
立っている状態で足裏のクッション性がないと、
全体重が分散されずにダイレクトに地面にかかるので、
地面からの反力がダイレクトにかえってくることになります。
そうなると足首、膝、股関節、骨盤、腰といった具合に負担が積み重なっていきます。

また、足裏アーチがなくなると足裏の筋肉が張り、ふくらはぎの筋肉まで引っ張られてしまいます。

これに伴い、血流の不全やリンパのよどみにもつながるんです。
だから、むくみも出るし、冷えたりもします。

歩く機会が少ない今日この頃、
あおたけ踏みや、足の指でタオルを手繰り寄せる事をしたりしながら、アーチづくりを頑張らないとです。

もちろん、足裏のマッサージもしてあげてくださいね。

以上、中西でした👌

+2